多重債務に悩み苦しむ人は、約300~400万人いると言われている。理由はどうであれ、多重債務はきついし、苦しい。人生に大きくのしかかってくる重荷だ。この重荷をすっきりと片付けるには

弁護士(司法書士)に債務整理を依頼し、借金総額を減らす!

これが一番の方法だ。債務整理にも色々な手段があるが、その中でも比較的軽度な債務整理の手段が任意整理だ。今回はこのおれが任意整理について詳しく説明してやる。これを読んだ後、キミの借金問題はすっきりと解決するだろう。

任意整理で人生リセット、再スタート

人生リセット

任意整理とは、簡単に言うとこれから発生する利息分をカットし、今ある元金を分割で借金返済していくという手段になる。これは、弁護士(司法書士)がキミの債権者を相手に和解交渉をするという手段だ。基本、裁判所とかのお世話になることはない。更に任意整理で都合のいい点は、任意整理の相手方を選べるという点だ。これは個人再生などでは出来ない。極論、自分が残したいクレジットカードやカードローンの相手先は、これまで通り返済する事にして、都合の悪い相手を選んで借金軽減が出来るのだ。しかし、この手段は弁護士によってはNGを出す人もいる。弁護士の立場からすれば、出来るだけ全債権者に対して任意整理をするように言われる可能性がある。そうしないと、公平性が保てないからだ。任意整理の対象となった債権者は、なぜ違う債権者には任意整理をしないのか?自社を任意整理するのではなく、他の業者を相手にしろ!という様な反論が出てくる。当然と言えば当然だ。こんな状況を作ってしまうと、弁護士は債権者に対する和解交渉が困難になる。任意整理の優先順位に対する説明がつかないからだ。だから弁護士によっては、選んで任意整理をする事を嫌う人もいる。どうしても債権者を選んで任意整理をしたい場合は、弁護士や司法書士とよく相談する事だ。また、どうしても残さなければならない理由も考えておく事でこの問題は回避出来る可能性がある。

任意整理で交渉が難航するのは債権が一番多い融資会社

任意整理のほとんどは和解が交渉すると言えるが、まれに任意整理の受け入れに難色を示す融資会社も存在する。多くの場合は、一番融資額が高かった業者だ。融資が多額になると、任意整理による損失も大きいものになる。だから、最後までごねる業者は一番融資額が高い業者の場合が多い。最悪の場合は強制執行を訴えられかねない。そうすると、給料差押えなどの事態になってしまう。ここが弁護士や司法書士の腕の見せ所とも言える。そんな業者と折り合いの付けられる妥協点を見つけ、和解成立を成し遂げる業者が本当に強い弁護士や司法書士と言える。そういう観点から考えて、任意整理をする場合は、弁護士や司法書士と直接話し合い、自分が信頼のおける人を選ぶべきだ。

もうちょっと知りたい方は、任意整理を語るを参照

元金も払いたくない!全部チャラにしたい!

正直、借金を払いたいとは思わないと考えるのであれば、自己破産をするという手段もある。借金が500万円以上になっているのであれば、任意整理なんて甘い債務整よりも自己破産をお勧めする。ただ、自己破産はギャンブル、私欲による借金、闇金からの借金は免責不可事由に該当する。つまり申請が通らない。だから立ち直れないという人もいる。と、言われているがこれは建前だ。確かにこれらが原因で借金した場合、自己破産の免責不可事由になるのは事実だ。弁護士は、面と向かってはっきりとは言わないが、実際はギャンブル、私欲による借金、闇金からの借金でも自己破産は出来るのだ。だから、そういった借金経験を持っている人でも自己破産を申請出来るのである。もちろん、事前の相談は必須。全部の借金を帳消ししたいのであれば、手っ取り早く自己破産を選ぶべきだ。

もうちょっと知りたい方は、自己破産という踏み倒し方を参照