自営業の経営者

某地方で飲食店を経営している自営業者です。最初こそ経営はかなり順調だったものの、相次ぐ震災の影響で取り引き先からの食材が集まらず、一時的に休業する羽目にもなり、さらに客足も悪くなってきてついに赤字となってしまいました。必死になってあちこちに借り入れを願いましたが断られてばかりで、やっと借り入れ先を見つけたのですが、ギリギリ経営が維持できても借金を返せる余裕はありませんでした。そのような私が借金返済できた解決方法と体験談を綴りたいと思います。

経営を優先するあまり見えていなかった借金

とにかく毎日お店のことで頭がいっぱいでした。経費はわかっているつもりでも、細々とではなく少し大雑把に計算していました。「また当初のように黒字経営となる」そのような夢をいつまでも見ていました。そんなある日、借り入れ先から電話が来ました。内容は、借金返済が間に合っていないがどうなっているんだとの問い合わせでした。まさかと思って口座の残高を見て愕然。ほとんどお金がなくなっていたのです。

しかも、借金総額は気づけば500万円を超えていました。

借金返済は早くしないと本当に大変なことになる

右にも左にも動けなくなり、悩みに悩んで兄弟に相談しました。すぐに司法書士事務所へ債務整理について相談するよう促され、先ずは電話で相談をしてみました。情けないやら恥ずかしいやらでしたが、債務整理には過払い金返還請求、任意整理、自己破産、個人再生の4種類があること、それぞれの借金相談による解決事例について教えてもらえました。また、すぐに返済しなければ借金が倍以上に膨らんでしまう可能性があること、いつまで経っても返せない状態に陥る可能性があることも教えてくれました。自営業者の借金解決方法についても無料で詳しく聞くことができました。

とにかく早く相談しておいて良かった

事が大きくなる前にとにかく早く相談しておいて正解でした。最初は躊躇していましたが、司法書士事務所側が初期費用や着手金制度をやめて初期費用無料で対応してくださったので、膨大な借金を抱えた経済状況でも相談することができました。任意整理で借金の総額がガクンと減って、仕事への意欲もグンと上がりました。このような体験は初めてでしたが、気の弱い私でも乗り越えられました。今ではお店の黒字経営が維持できています。一人ではどうにもできなかった悩みから解放されて、とても幸せです。自営業はキャッシュフローを蓄えることが命だと専門家から学ぶことができました。本当に助かりました。感謝してもしきれません。