a0001_016693

「過払い金」というワード、最近よく見かけるなぁと思わないか?
実はこれには理由がある。過払い金が初めて世に出てきたのは今から10年以上も前。
当時は「グレーゾーン金利」なんてワードがメディアを賑わせていた。

このグレーゾーン金利っていうのは、借金返済の上限金利を定めていた2つの法律で上限の矛盾が生じていたために起きたんだ。一方の法律は上限を29.2%とし、一方の法律は20%だった。この2つの法律の金利の差をグレーゾーン金利と呼ばれていたんだ。

多くの貸金業者はより利益を得たいから、高い上限金利の法律に則って消費者から利息を取っていたんだが、低い上限金利の法律に統一すべきだ、つまりグレーゾーン金利は撤廃しようという運動が見られ、結果として低い上限金利の法律に統一されることになった。

これによって、今まで高い上限金利で借金返済をしてきた消費者は、払う必要のない利息を払い続けてきたと主張し、この主張が裁判所に認められたのが平成18年。この裁判が初めて過払い金返還を認めたってわけ。これを機に世間は過払いブームを引き起こし、多くの貸金業者が経営難や倒産に追い込まれ、現在に至るってわけなんだが、実は過払い返還には最後の取引日から10年という時効があるんだ。今年は平成28年、間もなく時効を迎える人が多いと予想できる。

こういった理由で、取りっぱぐれする人が出てこないようにと多くの専門家が声を上げ、過払い金というワードをメディア越しに目にするようになったってわけ。

過払い金返還のメリット・デメリット

過払い金の時効について理解してもらったところで、次は過払い金の返還におけるメリットとデメリットについても触れていこう!誤解がないよう正しい知識を身につけて欲しい。

まず、過払い金返還のメリットと言えば、借金返済する上で払いすぎた利息が返還される点だ。しかも、過払い金はもとを辿れば自身が払ってきたお金であるため、課税対象になることもない。
過払い金は借金返済してきた長さによって、数百万円以上になっていることもあるんだが、これだけのお金を非課税で取り戻せるとなると、大きな臨時収入になってくれることは間違いない!

次に過払い金のデメリットについてだが、はっきり言うとデメリットは存在しない。
よく過払い金請求すると、ブラックリスト(個人信用情報のこと)に載ってしまうといった声も耳にするが、これは過去の話。現在は、過払い金請求によって個人信用情報に傷が付いてしまうと、「契約者が本来の権利を行使できない」として取り扱いが見直されたんだ。

わかりやすく言えば、「払いすぎた利息を請求してるだけなのに、ブラックリストなんて言われたら怖くて請求できねーだろーが!」って感じだな。

つまり、現在は過払い金の返還において弊害になることは何1つないってわけだ。

過払い金返還の手順

では次は、みんな気になる過払い金返還の手順についても見ていこう。

過払い金を手にするためには、まず過払い金がいくらあるのか確定させないとならない。
このために貸金業者に対して取引履歴の開示請求が必要だ。貸金業者はすべての契約者に対して、取引履歴の開示を求められた場合は、必ず開示をしなければならないと定められている。意地悪で開示してくれないなんてことは、まずないから安心してほしい。

次に、この開示された取引履歴を現在の法定利息に則って「引き直し計算」ってのをやる必要がある。親切な貸金業者の場合は、引き直し計算した取引履歴を開示してくれるが、かなり稀なので原則は自ら引き直し計算をしなければならない。

しかし、これが骨の折れる作業なんだよな・・・。1つ1つ取引日と入出金を手打ちしてかなければならない。この結果、やっと過払い金額が確定するってわけだ。

次は確定した過払い金を貸金業者に対して請求する。
ここで相手が素直に支払いに応じてくれれば良いのだが、多くの貸金業者は少しでも過払い金の返還額を減らすため、経営状況が苦しいだの、多くの方に○割前後の返還で理解してもらってるだの理由を付けて、返還額を減らす交渉をしてくるってわけ。

この交渉の末、納得できる金額提示であれば、手元に過払い金が返還されるし、そうじゃなければ裁判といった別の手続きにて貸金業者に対して請求を継続することになるな。

過払い金返還の専門家の選び方

上記を読んでくれたキミならもうすでにわかると思うが、過払い金の返還ってのは決して簡単なものではない。引き直し計算にしても貸金業者との交渉にしても、相応の専門知識がなければ損することだってあるし、そもそも損してることにすら気付けないケースもあるんだ。

どうせ過払い金請求するなら、専門家に相談し、携わってもらうに越したことはない。
ただ、専門家に依頼となると専門家に支払う費用が心配になるが、過払い金返還の場合、そのすべては返還された過払い金の中で清算されるから自身が費用を持ちだす必要はない。
貸金業者の出方次第では裁判になってもおかしくないのが過払い金請求なので、やはり専門家に相談して出てきてもらったほうがこっちとしても安心ってわけだな。

そして専門家の選び方は非常にシンプル。

まずは過払い金返還に無料で相談に応じてくれる専門家だ。
そして、過払い金請求だけでなく債務整理問題の解決を掲げている専門家に相談しよう。
無料で相談に応じてくれるってことはそれだけ回収に自信があるってこと、さらに、過払い請求だけでなく債務整理問題に広く対応している専門家なら、こちらの借金事情も理解してもらえるぞ