PAK82_gannbattekudasai1039500

借金返済に困った場合、金利が低い金融機関に借り換えるのは非常に有益だ。

過去に比べて現在の金利は暴利というほどではないが、それでも上限は元金が100万円以上で15%、10万円以上で18%、10万円未満で20%となっている。

この上限金利いっぱいまで取っているのが一般的な消費者金融だが、銀行のカードローンでは3~15%程度と、明らかに低金利での貸し付けを行っているところが多い。

これを利用しない手はない。低金利の金融機関に借り換えるだけで負担が一気に減るからな。

しかし、銀行でお金を借り換えるってことは、消費者金融からの借金は完済するってこと。

実はここに罠がある。消費者金融との契約は完済したからって消滅するわけじゃない。

つまり、もう一度借入をしようと思えばできてしまうんだ。となれば銀行への返済、そしてまた消費者金融への返済と、借り換え前以上に厳しい状況になりかねないってわけ。金利が低い金融機関への借り換えは、完済への意思が相当強くないヤツ以外はなかなか成功しないから注意してほしい。

では、どうするのが良いのか?

完済への意思が強くないキミは、ぜひ、借金返済に債務整理を利用してほしい!
その理由を下記にて詳しく説明していこう!

借り換えすることで得られる結果

まずは、低金利の金融機関への借り換えがどれだけ有益かを見ていこう。

俺の友人に借り換えを利用して負担を減らしたヤツがいる。

彼にはもともと30万円の借金があったんだが、金利が18%の消費者金融で借入すると1ヶ月で4500円の利息が付くことになる。これを金利10%の銀行に借り換えると2500円になるわけだ。

1年にすると54000円と30000円だぞ?

単純計算だが8%違うだけでこれだけ金利に差が出てくるってわけ。

そんな数%の金利の差で対して変わらないと思っているそこのキミ!

a0002_009333

『これは完全な誤解だぞ。』

たった数%でも1ヶ月、半年、1年間と期間が経過すればするほど、その差は大きくなってくる。

どうせ借金するんだったら金利は低いに越したことはない、簡単に借り換えできるんだったら今ある金利の高い消費者金融からの借金は、すべて銀行で借り換えしたほうが絶対に得することになるぞ!スーパーでたった数円安い値段で肉を買うより、コンビニで一生懸命ポイントを貯めるより、低金利に借り換えすることのほうが遥かに有益で借金返済に無駄がないと断言しよう!

借り換えをした後のよくある失敗事例

上記のことから金利が低い金融機関への借り換えの有益さは十分伝わったと思う。
しかし、借り換えをした後にどうしてもやってしまう失敗があるんだ。
すでに冒頭でも軽く触れたが、再度、消費者金融から借入してしまうこと。
今までの癖ってのはなかなか抜けてくれないからな。

気付けばクレカでショッピング、持ち合わせが足りないときはATMでキャッシング、といったように、また同じ消費者金融から借入を繰り返してしまうってわけ。

こうなれば当然、また高い金利で借金返済することになるし、借入限度額までいってしまえば、銀行からの借入と相まって、とんでもない借金額になっているなんてこともあり得る。

ところでみんなは、総量規制なんて制度を聞いたことがあるか?

これは年収の3分の1以上の貸し付けを禁止する制度だ。もともとは多重債務者の増加を防止するために作られた制度なんだが、実は銀行からの借入は総量規制の対象外になっている。

つまり、銀行からの借入を利用すれば、年収の3分の1以上の借入もできるってこと。

銀行からの借入が多重債務の入り口になったってヤツは俺の周りにもたくさんいたからな。

これを読んでくれているキミは、こんな失敗だけは絶対にしないでほしい!

借り換えをしてはいけない状況にある人とは?

最後に、借り換えをしてはいけない状況、というか絶対的に借り換えが向いてないのはどんな人か!についても触れていこう。もうすでに触れているが、意思が弱い人に借り換えはダメだ。

少しお金に困れば、あっという間に消費者金融に駆け込み、また借金を繰り返すからな。

でも、俺はそんなキミを見放すことはしないから安心してほしい。

意思が弱い人は、専門家に債務整理の相談をしてみるといいだろう。

そもそも、金利が低い金融機関への借り換えは借金問題の根本的な解決にはなっていない。
いってしまえば、単に金利が安くなっただけで、新たに借金が膨らむ可能性も含んでいるんだ。

しかし、債務整理であれば借金問題を根本から解決することができる。

専門家に債務整理を依頼すると、個人信用情報機関に事故情報が登録され、借入の審査に通るのが難しくなるんだ。信用のないやつにお金を貸したいとは思わないだろう?

でも、これを逆に利用するってわけ。

新たに借り入れができないってことは、もう今以上に借金が膨らむ心配はないってこと。

専門家に債務整理を依頼すれば借金は減っていく一方、もしくは一部帳消し、全部帳消し、なんてこともあり得る。金利が低い金融機関への借り換えがうまくできないキミは、ぜひ、専門家に債務整理の相談をしてみることをオススメする!!