今回は債務整理手続きの1つ、「任意整理」について語っていきたいと思う。では早速、専門家の先生に登場してもらって、任意整理とは何かを聞いてみよう!

専門家「任意整理とは、公的機関を利用せずに債権者と任意の話し合いをすることによって、借金減額、将来利息、遅延損害金カットの交渉をし、和解契約を結ぶ手続きです。

任意整理の悩み

『なに?わかりにくいって。』

わかった、俺がどこよりもわかりやすく、しかも簡潔に任意整理の説明をしてやろう。

任意整理とは、「返済苦しいからお前んとこの毎月の返済額減らしてよ!」と申し出る手続きだ!

といっても、ただ毎月の返済額を減らすだけじゃ効果は薄い。今まさに貸金業者に対して支払っている手数料、今後も発生し続ける利息(将来利息)、返済が遅れて発生した損害金(遅延損害金)は、今後支払わなくてもいいよね?と、返済は借入元金だけにしてもらい、少しでもこちらが有利に返済できるよう貸金業者と交渉するってわけ。

じゃあ、なぜ貸金業者はこの交渉に応じてくれるのか?
この理由は、「自己破産されては困る」というのが本音だろうな。

貸金業者の立場では、自己破産されちまえば借入元金すら回収できなくなるから利息や損害金は諦めて、せめて借入元金だけでも回収出来ればそれで良しというわけ。こっちの立場としては、返済が苦しいからってすぐ自己破産を即決できるわけじゃない。自己破産するにしても一定以上の財産は失うといった、相応のデメリットを背負い込むことになる。

つまり、この両者の都合を、ちょうどいい感じで調整するのが任意整理ってわけだ!

借金返済に困った場合、まずは任意整理を検討することになる。

数ある債務整理手続きの中でもっとも手軽で、デメリットも少ないのが任意整理なのだ。
それでは以下にて、さらに詳しく任意整理について見ていこう!

任意整理のメリットとデメリット

まずは任意整理のメリットとデメリットから。任意整理のメリットはなんとも言ってもその自由度の高さだ。

貸金業者側に承諾さえもらえば、毎月の返済額・返済回数なんかはこちらの都合で決めてしまえる。さらに、他の債務整理手続きでは認められていない、特定の貸金業者を任意整理の対象から外すことができる。たとえば、自動車ローンがあった場合、自己破産や個人再生では必ず車は引き上げられてしまう。特定の貸金業者だけ対象から外すことができないのだ。

一方、任意整理であれば自動車ローンの貸金業者だけ対象から外し、他の貸金業者の借金を調整すれば、結果として車を保有したまま返済苦に悩まされない生活が手に入るってわけ。

次にデメリットについてだが、これは債務整理手続き共通のデメリットになっていて、任意整理だけが対象というわけではない。つまり、債務整理をする以上は必ず課されてしまう。それが、「数年間は新たな借入が困難になる」というデメリット。

任意整理の場合、完済から5年程度はクレジットカードを持ったり、住宅ローンを組んだりといった、借入時の審査に通るのが困難になる。これは任意整理した事実が個人信用情報機関に登録され、個人の事故情報として残り、審査に悪影響を与えてしまうという仕組みだ。ただ、任意整理の場合、これ以外には特にデメリットは存在しない。他の債務整理手続きに比べて、返済負担を0にはできないが、不利益を最小限に抑えることができるってわけだな。

任意整理の手順や流れ

任意整理を実際に行う場合、まずは貸金業者との取引履歴を取得することからはじまる。

特に取引期間が長い場合、過払い金の存在が明らかになり、任意整理をしないで済むケースが多数存在しているからな。過払い金を確認するには、取引履歴を取得しないと始まらない。

ここまでなら自分で行うこともできるんだが、これ以降は司法書士の力を借りたほうが良い。

司法書士が任意整理に介入すれば、その瞬間から貸金業者からの請求と返済がストップするという恩恵が受けられる。この間に任意整理の対象としたすべての貸金業者の総債務額と1ヶ月の収支の中から返済可能額を算出し、貸金業者と交渉する際の指標を作成するってわけ。

これを債権調査というんだが、大体これが1~2ヶ月くらいかかるので、この期間は貸金業者から請求される心配もないし、借金返済に悩まされることもなくなる。

弱った精神力を回復させ、返済のない生活の中から適正な毎月の返済原資を見極めるんだ!

もちろん弁護士に依頼しても同様の恩恵が受けられるが、司法書士の場合は費用が安くすむことが多い。任意整理は最終的に返済を継続する手続きなので、その点も踏まえると費用は安いに越したことないからな。ぜひ、司法書士への相談を検討してもらいたい。

任意整理を利用したほうが良い人

最後に任意整理を利用したほうが良い人についても見ていこう。これはまさに借金返済に困っているそこのキミだ。ここを読んでくれているってことは、きっと借金返済に困っているんだろう?

だったらなにも悩むことはない。任意整理の相談を専門家にしてみよう。そして、個々の事情によっては他の債務整理手続きが必要な場合もあるが、なんにしても相談しなければ始まらない。借金返済に悩まされるくらいなら、任意整理という大きな一歩を踏み出してほしい!

それと、借金の元金のみ払いたい悩みの記事を読めば、任意整理についてもっと詳しく知ることができるだろう。