滞納や遅れが頻繁で苦しい悩み

多重債務の時に陥っている時の悩みの一つ、それが滞納や返済遅れだ。1度や2度ならまだいいが、頻繁に滞納や返済遅れをしていると、そのうち融資を受ける事自体が出来なくなる。返済出来るのに自己管理が出来ていなくて滞納や返済遅れを発生させているのであればまだいいが、返済がきつい、苦しいのであれば、

『弁護士や司法書士に相談し、債務整理を行え!』

債務整理は、返済がきつい、苦しいと感じている人の最終手段だ。

本当に借金地獄から逃れたいと考えているなら、おれがその相談にのってやる。

いつ、どんな時でも道はある。

この記事を読んでキミの役に立てる事を確信している。

返済遅れを頻繁に繰り返すとどうなるか?

借金の返済遅れを頻繁に繰り返していると、そのうち融資を受ける事が出来なくなる。クレジットカードなんかでもよくあるが、引き落としが出来なかった場合、カードが使えなくなる事と同じだ。1回や2回ならまだいいが、頻繁な場合は利用停止の処置を受ける。利用停止の処分を受けた後は、信用情報機関に「遅延」という登録がされる。この「遅延」という登録がされると、新規ローンやクレジットカードの申し込みの時に不利になる。

滞納してしまうとどうなるか?

遅れて返すのであればまだマシだが、滞納してしまった場合はどうなるか?その場合は督促状が届く。いつまでに連絡、返済がないと法的手段に訴えるいう趣旨の内容だ。こうなると、かなりやばい状態と認識した方がいい。早く手を打たなければ債権者側は強制執行という手段に出る。強制執行の代表は、給料差押えだ。借金問題は逃げれば逃げるほど状況は刻一刻と悪くなるもの。そうなる前に出来る事は一つだ。

債務整理を申請。債権者からの督促から逃れることができる。

この督促状から逃れるには、まず弁護士か司法書士を訪ねる事だ。そして、借金が返せないので何とかしたいと相談してみてくれ。相談をし、債務整理の契約を結ぶと、弁護士(司法書士)から受任通知書というものが債権者に送られる。この時点で、まず督促状からは逃れる事が出来る。債務整理には3つの手段がある。任意整理、個人再生、自己破産だ。どの手段を選ぶかは弁護士(司法書士)と相談の上、決める事になるが、目安としてこう覚えてもよい。

借金返済の悩みを一撃で吹き飛ばす3つの選択肢

  1. 借金総額が200万円までなら任意整理
  2. 借金総額が200万円を超え、500万円までの範囲なら個人再生
  3. 借金総額が500万円を超えているのであれば自己破産

これが、借金返済の悩みを一撃で吹き飛ばす3つの選択肢だ。

なぜか?それは下記それぞれの債務整理には特徴がある。

  1. 任意整理はこれから発生する利息をカットし、元金のみを返済する。
  2. 個人再生は借金総額の1/5又は100万円のどちらか多い方を返済する。
  3. 自己破産はすべての借金を無くす。

つまり、借金総額が200万円以上で500万円までの範囲であれば、個人再生という手段を取る事で借金総額が100万円になるって訳。こうなるとかなり借金返済は楽になるはずだ。自己破産はすべての借金を無くす事ができるが、それに伴うでデメリットが大きいので相当な場合を除いてはしない方が賢明だ。ただ、現実200万円を任意整理する場合は、月々4万5千円~5万円の返済が必要となる。これが無理なら200万円以下でも個人再生をするべきだろう。

債務整理をする事で人生を立て直す事が出来る。冷静に考えて欲しい。数十万の借金なら自力で何とかなるかもしれないが、数百万円の借金ともなると、借金を完済できる自信があるか?相当収入を上げるか、相当生活水準を下げるかしか手段がない。そんな生活を何十年も続けられる訳がない。借金が苦しい、きついのであれば迷う事なく債務整理をするべきだ。そうしないと、いつまで経ってもキミの借金問題は解決しない。