借金の優先順位

2,3,4社からの借入状態、言いかえれば多重債務の状態にある場合、何とか返済しなければならないと言う事で頭が一杯だろう。しかし、ただ規定通りに返済していけば損をする事になる。

返済は、「借入額の多いところからか、金利の高いところから優先的に返済していけ!」

これが最も有効で賢い返済方法なのだ。

なぜ借入額や金利の高いところから優先的に返済していった方がよいのか、これからオレがしっかり説明してやる。
これを読んで賢い返済を心がけ、借金完済を目指して欲しい。

借入が多いところは、利息も多くなる

少し考えれば分かる事だと思うが、仮にA社から金利18%で100万円を借りていたとする。
更に、B社から金利18%で25万円借りていたとする。そうすると、利息は次のようになる。

A社の利息:100万円(元金)×0.18(金利)÷12(ヶ月)= 15,000円
B社の利息:25万円(元金)×0.18(金利)÷12(ヶ月)= 3,750円

これを見て分かると思うが、元金の違いで1ヶ月の利息は大きく変わる。元金が多いほど、利息も多くる。A社の場合、月々の返済金額は通常3万円程度になると思われる。3万円を返済したところで、利息1万5千円、元金充当金1万5千円となり、結局元金は100万円-1万5千円の98万5千円が次の月の利息にかかる元金という事になる。この計算で行くと、元金を返し切るまでに100ヶ月くらいかかる事になる。8年超えだ。こんな状態だと返済しても返済しても減らないという事態になってしまう。これが借金の怖いところだ。

と言う事は、逆に考えれば、この元金をいち早く返済する事を考える事が完済への近道となる。

A社に3万円返済する義務がある場合は、これを超える返済を出来る限り行う事だ。3万5千円でも4万円でもいい。とにかく、元金に充当される金を出来るだけ多く作る事が重要となる。B社はA社に比べて大した利息にはならない。恐らくB社には8千円~1万円の返済義務が発生する事になるだろう。B社には規定通りの返済金額をしておき、A社には規定以上の返済金額を行う事だ。

金利が高いほど、利息も高くなる

では、元金が同じで金利が違えばどうなるだろうか。仮にA社から金利16%で50万円借りていたとする。B社からも金利18%で50万円借りていたとする。そうすると、利息は次のようになる。

A社の利息:50万円(元金)×0.16(金利)÷12ヶ月= 6,666 円
B社の利息:50万円(元金)×0.18(金利)÷12ヶ月= 7,500 円

元金が同じ場合でも金利の違いで差が出てくる事になる。実際、こんな状況の場合はA社、B社ともに月々の返済金額は1万5千円程度になるだろう。だったら、少し無理をしても金利の高い方を優先的に返済に充てるべきだ。1万8千円でも2万円でも、とにかく元金を減らす事を考えるべきだ。

困った時の債務整理

さて、返済の優先順位についてはこれまで話した通りだが、どちらにしても月々結構な返済をしていかなければならない事は事実だ。実際、月々4万円も5万円も返済に充てる様な状態なら、生活もままならなくなる。冷静に考えて、この借金返済がきつい、苦しいと感じているのであれば、手っ取り早く債務整理をする事をお勧めする。

債務整理の中でも、任意整理の場合はこれからの利息分をカットし元金のみを返済するといった借金軽減が可能になる。任意整理以外でも、個人再生や自己破産などの手段が取れるが、この2つの手段は裁判所を通じて行う事になり、費用も高額になってしまう。返済を少しでも緩和させたいと考えるのであれば、悩みの一つを解決する手段として、任意整理を行う事を考えてみてはどうか。

詳しくは、任意整理に関して語るを参照。

借金が多ければ多いほど、完済を目指すには相当の時間と金がいる。それも覚悟の上ならば、頑張って完済を目指す事に越した事はないが、早く借金問題を解決したいのであれば債務整理をするべきだ。